北欧雑貨を中心にお店を展開しています。
フィンランド子育て事情
はじめまして、siskoの妹の方です。

少しドキドキしながら初ブログ書きます☆

今日はフィンランドの子育て事情についてちょっとお話します。

なぜに初めての投稿がこの話題なのか…?

実は、私事ですがただいま妊娠7ヶ月!もうすぐ産休に入るので「赤ちゃんが産まれてくるまで何をしようか…?あれもしたいこれもしたい!!」と仕事中も妄想が広がります(笑)

約8年アスリートのような仕事生活でしたので、正直このお休みはご褒美のよう!(働いている皆様すみません...)

siskoでは、フィンランドの商品を扱っているので、ここでちょっとフィンランドの子育て事情を調べてみました。


2015年度のフィンランドの出生率は1.9ほど!

ちなみに日本は?

1.43なんです!


でもこの日本の1.43も前年に比べ0.02ポイントアップ!ただ、出生数は前年より7400人減り、人口減少は続いています。
「50年後の人口1億人の維持」を達成するには出生率を2030年までに2.07人まで回復する必要があるそうです。
ほど遠いですね。
 
そう思うとフィンランドの1.9はすごい!!



フィンランドでは妊娠すると政府から、段ボール箱が送られてくるそうです。

なんとその中身は、衣服やシーツ、玩具などが入り、さらに箱自体を赤ん坊のベットとして使うこともできるという、まさに妊婦用のスターターキットのような箱。

素敵ですね♡

しかも、教育についても、学費は就業前教育から義務教育、高等学校、大学までがぜーんぶタダ。

義務教育の期間は教科書、鉛筆、ノートなどの文房具から給食費も無償です。

こんなに政府がしてくれたらたくさん子供を産みたくなりますよねー!

フィンランドに買い付けに行った時も子供をたくさん見かけました!
バギーはほとんどパパさんが押しているんです!イクメンたくさん見かけましたよ!
うちの旦那もイクメンになるように教育していきたいと思います!

Siskoにも可愛いベビーグッズやキッズアイテムがたくさん入荷中です!



私はひとまず、母子手帳入れとおしりふき入れポーチをゲットしました!

子供の好みが出てくると自分好みが買えないので買うなら今のうち!今のうち!と財布の紐も緩くなってます(笑)
次はマリメッコの哺乳瓶を狙ってます。

実はマタニティヨガにも通い始めたので次回またそんなお話も出来たら良いです♪



ブログランキング参加中です。ぽちっとしていただけると嬉しいです。


オンラインショップはこちら↓
onlineshop
 
 
子育て - -
| 1/1 |
Sisko...

Facebookページも宣伝