北欧雑貨を中心にお店を展開しています。
食器の貫入について

今日は少し食器の貫入のお話をしたいと思います。

 

皆さま貫入ってご存じですか?

 

このように器に線が入っていることを貫入と言います。少し薄くて分かりにくいですが。

 

日本の器ではわざと貫入を入れている器もよく見られますよね。

(サイトからお借りしました)

こちらの画像の方が貫入が分かりやすいですね。ご自宅にも探せば貫入の入った器が沢山あると思います。

 

昔は、窯の温度調節が難しかったため、陶器によく見られる現象です。一見、ヒビのように見えますが、表面の釉薬(ガラス質のコーティング)に亀裂が入っているだけで、本体の陶器には損傷がありませんので破損品やB級品ではございません。

 

貫入をもう少し詳しく説明すると、食器の表面に亀裂が生じたものの事を言います。陶磁器はその表面がガラス質となるように釉薬(うわぐすり・ゆうやく)でコーティングを施します。貫入とは、製造時、また使用時に釉薬に亀裂が生じる現象です。ただ、貫入はヒビ割れではないので、食器そのものが割れた事とはなりません。

 

でも、ヒビのようにも見えるし、その違いは?

 

貫入とヒビの違いは、


貫入とは、表面に亀裂が生じたものの事を言います。陶磁器はその表面がガラス質となるように釉薬(うわぐすり・ゆうやく)でコーティングを施します。貫入とは、製造時、また使用時に釉薬に亀裂が生じる現象です。ただ、貫入はヒビ割れではないので、食器そのものが割れた事とはなりません。

ヒビとは、貫入が表面だけなのに対して、ヒビは素地まで亀裂が入った状態ですので、反対の面にも線が現れています。貫入は触るとつるつるしていますが、ヒビの場合は引っ掛かりがあります。
貫入と違い、そこから割れる可能性がありますので、お取扱いにはご注意ください。

 


貫入は普段使いならシミにならないと言われる場合があるようですが、私も貫入のカップを日常使っており、シミになっています。それを風合いと捉えてくださればいいですが、気になる方はご購入を避けていただいた方がよいと思います。

 

私も貫入の入ったカップを実際使っているのでそのお写真もお見せしますね。

 

毎日愛用しているカップです。

とってもレアでサイズ感もよくすごく気に入ってます。貫入が入っていたので仕入れ値もかなりお買い得でした♪

 

購入時からかなり貫入が入っていました。

コーヒー紅茶を毎日飲むので茶渋がついています。

 

コーヒーを入れたら見えないので私は全く気になりません。

こちらのお皿もとってもお気に入りです。

購入した時から貫入が入っていました。もう何年も使っています。カレーやパスタのトマトソース系のお料理を入れることも多いですが、色はついていないです。

 

日本人の方は貫入を嫌う方も多いのですが、フィンランドではあまり気にせず皆愛用されているようです。

 

貫入があるのと無いのはどちらがいいの?

 

という話なのですが、貫入があるものは実はお値段をずいぶんとお安くしています。

 

貫入が入っている器はお買い得品なのです!!!!

 

私は娘もまだ小さいのでピカピカの器より貫入が入った普段使いしやすい値段の器をよく使っています。娘には子供用の器は使わず、北欧ヴィンテージの可愛さや器の楽しさを一緒に味わってほしいので家族みんなで同じ食器を愛用しています。

 

お高いレアなシリーズや新品に近いピカピカの食器は飾り棚に入れてお客様用とかにしています。

 

北欧ヴィンテージのフィンランドコレクターさんとお話する中で、昔より状態の良いものが本当に見つかりにくくなりました。中国や韓国も北欧ヴィンテージが人気なようでその関係で見つけにくいのかもしれません。

 

貫入の器を嫌う方も多いですが、貫入は安くて安心してお使いいただけるのでメリットも多いです♪

 

カフェやお料理関係のお客さまから、貫入や少し使用感があって安いものが入ったら教えてほしいというお声もいただきます。

 

最近有難いことに、ショップに食器をアップして数分で売れてしまうことも多いのですが、安いお買い物では無いので、ヴィンテージの貫入やコンディションについて少しでも事前に知っていただけると安心してお買い物をしていただけるかなと思い今回記事にしてみました。

 

是非参考にしてみてくださいね。

 

長い記事でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 



ブログランキングに参加中です。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。読んだ印に↓をクリックしていただけると嬉しいです。↓をクリックしていただけると嬉しいです。

オンラインショップはこちら↓
onlineshop

 

 

食器 - -
<< NEW | TOP | OLD>>
Sisko...

Facebookページも宣伝